ホームNew ArrivalJellybean - Sidewalk Talk/The Mexican 12"
商品詳細

Jellybean - Sidewalk Talk/The Mexican 12"

販売価格: 1,188円 (税込)
数量:
US Original, EMIレーベルジャケ+ステッカー(シュリンク),
B2に極小のニキビ在り(音に影響無し), 若干の表面スレ在るが十分キレイな部類

結構久々、2年ぶりくらいの再入荷。

この盤がLA界隈で未だに特大Classic扱いされている事は、既にご説明したとおり。
YouTubeのリンク先音源のコメントにも、「LA Clubs !!!」というコメントが寄せられている。

ではでは今回は違うトリビアをご紹介しときましょ。

この盤のラベルクレジットには「客演者」の情報がほとんど載っていないうえに、
Discogs上のデータを見ると、曲の作者だけでなく、Vocalも「全部」Madonnaという誤解を生みやすい。
だが、US盤の4Vers Promoには、詳しい客演情報を記したステッカーが付いており、
それがDiscogs上のデータにも反映されている。
https://www.discogs.com/release/1981216 

あくまでもLead VocalはCatherine Buchananという無名の女性。
その代わり、Back Vocal陣営はMadonnaを筆頭に、Audrey WheelerにCindy Mizelleと、
どっちがメインなんだかわからんほど豪華。
BassはMracus Millerというのも意外なハズ。

だが、2011年になって、更に驚くべきエッセイがWeb上で公開された。
コレだ。
http://thebeatswithin.blogspot.jp/2011/08/sidewalk-talk-on-jellybeans-wotuspki_06.html 

コレによれば、"Sidewalk Talk"にはModonnaがフルに歌ったDemo Versが存在し、
Modonna名義でリリースされずお蔵入りとなったものを、Jellybeanが「リサイクル」して使用した可能性があるという。
その他にも、Audrey Wheelerはこの曲の為にスタジオ入りした記憶が無いと発言しているなど、
真偽のほどはともかく、目からウロコの話が満載で興味深い。
英語のエッセイだけど是非「格闘」(笑)しながら読んでみて!

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/41483

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=IyTnB9j12M0