ホームNew ArrivalJungle Brothers - Beyond This World/Promo No.2 (Doubled!) 12"X2
商品詳細

Jungle Brothers - Beyond This World/Promo No.2 (Doubled!) 12"X2

販売価格: 864円 (税込)
数量:
US Original, ジャケ在り, Doubled!, 1枚は若干の表面スレ在るが十分キレイな部類,
もう1枚は表面スレ多いが普通の中古盤レベル

お待ちど〜さま!の再入荷。
今回はDJ用に嬉しい同盤2枚のDoubledよっ!

やっぱり皆さん、好きなのネ、この辺(笑)。
疾走感溢れる内容はサイコ〜なのに、今なおギリ3ケタくらいで入手可能という、
超お財布フレンドリーな(笑)、嬉し過ぎるブツ。

1st Albumを聴いて、その独特なザラツキ感、ゴツゴツ感、疾走感にハマり、
それが2nd Albumにもキチンと継承される事を期待した人も多かったハズだ。
その期待は裏切られなかった事を、2nd Albumの1曲目を飾ったこの曲を聴いて皆確信したに違いない。
ゴツゴツ、ザラザラなBeatの上に、"White Lines"やら"Looking For The Perfect Beat"を散りばめるという、
いかにもZulu Nation直系らしい仕上げっぷりに、皆が夢中になった。

にも関わらず、この盤は、'90年代の終盤から2000年代の前半にかけて、不公平なほどに支持を失った時期がある。
日本国内では、最悪期には、ワンコインなんていうプライシングをするよ〜なレコ屋さえ在った。
しかし、原因は、この盤の内容によるところでは無い。
ただし、外部環境の変化のせいだけでも無い。

そもそものキッカケは、'93年の3rd Albumだったような気がする。
'93年と言えばHip Hop黄金期だったワケだが、ホントなら、その黄金期の中心的な役割を担うハズだった彼らは、
前作の2nd Albumからなんと4年も経過した後に、ザラツキ感も、ゴツゴツ感も無い、
いわばシーンに合わせて制作されたような3rd Albumを発表して、ジワジワと支持を失い初めてしまう。

結局3rd Albumのセールスは振るわず、12"も2枚しかCutされなかった。
"40 Below Trooper"が、つい数年前まで、ダブ付き感が在るほどマーケットに供給されていたのは、
Hitを見込んで大量にプレスが行われたものの、思惑がハズレて大した支持を得られず、
結果、盤が余りまくったからだという見方が定説となっている。
対して"On The Road Again"の12"は、もともとプレス枚数自体が少なかったように感じられ、
既にレーベル側は彼らを見限っていた可能性が高い。

結局、WBから契約を切られた彼らは、またも4年間沈黙した後の'97年に、
新進系レーベルだったGee Streetから、およそJungle Brothersらしからぬ、
ザラツキ感もゴツゴツ感も疾走感も皆無な4枚目のAlbumをリリースする。
続いて、外部環境も急変していく過程で、'99年には5枚目のAlbumをリリースするワケだが、
およそHip Hopからも、初期のJungle Brothersからも程遠く、完全にセルアウトしたその姿に、
Hip Hop HeadzはJungle BrothersもHip Hopも「死んだ」事を痛感するのだ。

'90年代後期にWarlock/Idlersが、初期の12"を再発しまくった事も、
喜ばれるどころか、全てのJungle Brothers関連作の価値を下げるに十分だった。
こうして'90年終盤から2000年代前半にかけての長い間、Jungle Brothers作品群は、
「投げ売り」される状況が継続してしまった。

がっ、またしても環境は変化しつつある。
2000年以降のHip Hopの「死にざま」があまりにも急激だった為に、
既に「終わった」ムーヴメントしてHip Hopを捉え、
早くも、それを歴史的に振り返ろうという風潮が高まりつつあるのだ。
それも日本でではなく、なんとUS本国でだ。

折しも、ご存知の通り、US国内は、今や空前のVinylブームを迎えている。
この盤のように、内容は良いのに、何か他の理由で格安で放置されているような盤があれば、
日本人やヨーロッパ勢にではなく、今やUS国内のレコ馬鹿達にこそ、根こそぎ買われてしまう状況なのだ。

USのレコ屋でもレコードフェアでもebayでも、
良く見かけるのはV2レーベルの後期モノとWarlock/Idlersの再発盤ばかりで、
WB時代の作品群は、見かける機会はあるものの、しわじわと価格が上昇し始めている。
アナタが買わなきゃ、US勢に売るまでだ(笑)。
Hip Hop全般に対して、常にトップクラスの理解と愛情を示してきた日本が、
この盤の本来的な価値を見抜けぬハズが無いと信じてるよ。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/116047

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=LuxlaCAZiIs (Beyond This World)
https://www.youtube.com/watch?v=s3nT-DlE8G8 (Promo No.2)