ホームNew ArrivalLe Juan Love - My Hardcore Rhymes/Everybody Say Yeah 12"
商品詳細

Le Juan Love - My Hardcore Rhymes/Everybody Say Yeah 12"

販売価格: 1,296円 (税込)
US Original, ジャケ在り, ややプレス粗く極小のニキビ在り(音に影響無し),
若干の表面スレ在るがキレイな部類

お待ちど〜さま!の再入荷。

今や、決して珍しい盤では無い。
だけど、オレ様がここでご披露する話は、ほぼ世界初の研究成果発表に等しく(笑)、
レコードが好きな人なら結構楽しんでもらえる内容じゃないかと思う。
知ってたからって結局何の役にも立たないけれど(爆)、
是非とも良く読んで、キッチリ習得してアナタのお友達に自慢してもらいたいわ(笑)。

'80年代後半のMiamiモノHip Hopというのは、曲の作りがチープで安直なものが多いだけでなく、
盤そのものの作りも超い〜加減で雑だ。
Lukeにしろ4 Sightにしろ、盤の表面は凸凹だし、ラベルの印刷状態も非常に悪く、
曲も、盤自体もチープで雑だからこそ、その多くは、今やクズ盤扱いされる傾向にあるとさえ言って良い。

だが中には決して無視できない盤も存在する。
その筆頭が、このLe Juan Loveの'87年盤だろう。
この盤に収録された"My Hard Core Rhymes"は、Miamiモノにしては珍しく、
BPMは100ちょっとで、"Funky Drummer"をモロ使いした、いわゆるFunkyミドルの超人気Tuneだ。

だから、この盤を取り扱っているレコ屋さんはヒジョ〜に多い。
にもかかわらず、「あれ?この盤、なんか、おかしくねぇっ?」と指摘しているレコ屋さんは皆無だと言っていい。
星の数ほどのレコ屋が世界中に在るにもかかわらず、
この盤が、「なんか」とか、「ちょっと」なんていうレベルじゃなく、
あきれちゃうくらいメチャクチャおかしい事に、キチンと気付いているレコ屋さんは居ないワケだ。

さぁ、わかりやすいように箇条書きで説明してみよう。

◎この盤のプレス自体は2種類在って、A1が"My Hardcore Rhymes"、
  A2が"Everybody Say Yeah"で、同じ順序でB面にInstを収録した盤がひとつ。
  もうひとつは、A1が"Everybody Say Yeah"、A2が"My Hardcore Rhymes"になっており、
  B面のInstも"Everybody Say Yeah"が先になっている盤で、
  つまり収録順序違いで2種類の盤が存在する。
◎次にジャケだが、これも収録順序に応じたクレジットのものが、当然ながら2種類存在する。
  違いはジャケ裏面のクレジット順のみ。
◎ラベルも、当然ながら収録順序にキチンと準じたものが2種類存在する。
  当然ながら使用されているレコ番(カタログナンバー)は同一。
◎一番厄介なのがイレギュラーラベルで、コレは、収録順序に順したクレジットになっているものの、
  Timeクレジットが間違っていて、Vocalサイド(A面)は"My Hardcore Rhymes"、"Everybody Say Yeah"共に4:25、
  Instサイド(B面)は共に6:10とミスクレジットされている。
◎更に、イレギュラーラベルのArtist名は、Le Juan Loveではなく、La Juan Loveという、
  ありえないミスクレジットとなっている。
◎上に挙げたパターンが複合しているようなケースも在り、自分の所持している盤は、
  Sealed状態だったものを自分の手で開けたにもかかわらず、盤自体はA1が"My Hardcore Rhymes"、
  A2が"Everybody Say Yeah"という順序で、B面のInstも同順なのだが、
  ジャケはA1が"Everybody Say Yeah"でA2が"My Hardcore Rhymesという順序のクレジットになっており、
  更にはB面のみがイレギュラーラベルで、La Juan Loveクレジットで、2曲とも6:10とミスクレジットされている。 
◎ちなみに、"Everybody Say Yeah"の方は、なんとアノDeep Purpleの"Smoke On Thew Water"を、
  弾き直して引用しているというハチャメチャっぷり!

さぁ〜ど〜よ(爆)?
メチャクチャっぷりがお解りいただけたかな?
今回放出する盤は、至ってアタリマエに、A1が"Everybody Say Yeah"、A2が"My Hardcore Rhymes"で、
ラベルもキチンと収録順に応じた正しいラベルが使われている。
一点だけ変わっている点は、Lukeのレーベルジャケなんだが、バーコードが印刷されていて、
そのバーコードはピクチャージャケの裏面のバーコードと全く同じ。

とにかく、い〜加減で、雑な事で有名なMiamiモノなのだから、もしかしたら、ラベルはLe Juan Loveなのに、
実際の収録内容は2 Live Crewだった(爆)、なんていう可能性だってゼロとは言い切れない。
Miamiモノを買う時には、よっぽど信頼できるお店で買うか、できれば実際に盤を手にとって、
音を確認してから買う習慣を付けるよう、十分気を付けて欲しいね。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/99307

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=Qhkz3z3v1qo (My Hardcore Rhymes)
https://www.youtube.com/watch?v=GxpjGU90acg (Everybody Say Yeah)