ホームNew ArrivalThe Crusaders - Free As The Wind LP
商品詳細

The Crusaders - Free As The Wind LP

販売価格: 1,080円 (税込)
数量:
US Original, ジャケ在り, abc-BlueThumbプレス, 若干の表面スレ在るが、十分に、かなりキレイな部類

お待ちど〜さま!の再入荷。

アメリカという国は、良く言えば寛容、悪く言えば鈍感で、
どう考えてもおかしいだろ?という安価で盤を買える事が少なくないので、
多分オレ様は死ぬまでアメリカで盤を買い続けるに違いない。

ここ数年であらためて気付いたんだが、そんな傾向がモロに表れているのは、
実は日本人には昔からウケの良い70年代のJazz Fusionモノだ。
この盤などはその典型的な例で、買付けに出掛ければ必ず10枚やそこらは見かけるし、
プライス的にも圧倒的に安い。

で、コレ、日本国内のWeb系レコ屋の平均的な売り値は1200円という感じ。
他の盤に比べて割安感があるうえに、内容はRare Grooveの延長としても使えるような仕上がりなので、
サクサクと売れてしまう。

相変わらずCrusaders="Street Life"という「思い込み」は日本国内に根強いのだが、
その"Street Life"のUS Promo 12"は、US国内でも品薄なうえに確実に$20以上はする。

"Street Life"を$20で仕込んで日本で5000円で売れたとしても、恐らくそんなチャンスは年に1回か2回しかない。
じゃあ、あえて、このAlbumを$2くらいで買って1000円ちょうどくらいで売るのはどうだろう?
この盤に$2払うつもりなら、恐らく1年間で20枚やそこらは楽に仕込む事が可能だし、
1000円ちょうどくらいならスカ売れしてしまう事は前述のとおりだ。
他のコストは一切考えずに単純計算すると、1枚あたり確実に700円は儲かるんだから、
1年間20枚で1万4千円、半分しか売れなくても7千円は稼げる。
対して、"Street Life"の12"狙いだけで、1年で7千円の利益を上げるのは難しい。
こ〜ゆ〜考え方を出来るかどうかが、これからのレコ屋の「価値」を決めていくワケだよ。

この盤に収録された人気曲 "Sweet N' Sour"や"I Felt The Love"なんかを聴いてみたまえ。
この盤がしかも3ケタで買えて、"Street Life"の12"が5000円するのなら、
よほどのバカじゃない限り、どっちが割安なのか間違えねぇ〜でしょ〜に(爆)?

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/811219

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=S6riHGD87-w (I Felt The Love)
https://www.youtube.com/watch?v=k_QtTV_G2kY (Sweet N' Sour)
https://www.youtube.com/watch?v=eQWKqsGKauY (Free As The Wind)