ホームNew ArrivalBlack Sheep - Strobelite Honey/Gimme The Finga (Remix) 12"
商品詳細

Black Sheep - Strobelite Honey/Gimme The Finga (Remix) 12"

販売価格: 864円 (税込)
US Original, ジャケ在り, ほぼピンピン!

お待ちど〜さま!の再入荷。

"Strobelite Honey"に関するコメントに多く見受けられるのは、
コレがSOS Bandの"Take Your Time"ネタだという解説だ。
確かにそのとおり、この曲では"Take Your Time"が使われている。
だが、例えば、この曲を、SOS Bandのファンに、"Take Your Time"ネタだよと言ってオススメできるかというと、
決してそうは思わない。

いわゆる「○○ネタ使い」という表現は、もっと、モロで、メインで、
大々的な使いっぷりをしているケースを指すのであって、
この曲は、決して「"Take Your Time"ネタ使い」では無いのだ。
同様に、ここではチラッとChangeの"Glow Of Love"も使われているが、
やはり、この曲は「"Glow Of Love"ネタ使い」ではない。
Janetの"All For You"や、https://www.youtube.com/watch?v=J551f-TyqjY 
Billy Lawrenceの"Up & Down"のような、https://www.youtube.com/watch?v=jehp41edK-Y 
"Glow Of Love"をモロ使いした曲とは違うのだ。

だってさ、考えてごらんよ。
同じように、この曲の中で頻繁に使用されているYoung & Companyの"I Like"や、
https://www.youtube.com/watch?v=VsiB7NrShRE 
ところどころでアクセントに使われているRogerの"Grapevine"は、
https://www.youtube.com/watch?v=VhQ-D95VGFY
決してこの曲の「ネタ」として紹介される事なんて無いじゃん。
つまり、この曲のTrackは、「○○ネタ使い」なんていう単純なモノではなく、
Black Sheepが、幾つものネタのコンビネーションから作り上げた、いわば「アイデア商品」(笑)なワケさ。

よ〜するに、考え方としてはMega MixとかCut-Upモノにさえ近い。
そのうえ、「敢えて」Club寄りの仕上がりを狙っている。
だからこそ面白いんだよ。
そこに気付かないと、この盤の面白さは、いつまで経っても理解できないだろ〜よ。
理解できていないヤツが多いからこそ、無責任なコメントが横行し、
盤自体の評価さえ過小評価されがちなんだと思う。
世界イチ、Hip Hopに対して、深い理解と賛同と愛着を示してきた日本人にとって、
あまりにも恥ずかしい姿だとは思わんかね?

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/163431

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=A_JtkSmw808 (Strobelite Honey PV)