ホームNew ArrivalG.Q - Disco Nights/Boogie Oogie Oogie 12"
商品詳細

G.Q - Disco Nights/Boogie Oogie Oogie 12"

販売価格: 1,296円 (税込)
US Original, LPジャケだが中身は12", 若干の表面スレ在るが十分キレイな部類

かなり久々、2年以上ぶりくらいの再入荷。

さてさて、ここで皆さんに是非「Lesson」していただきたいのは、
「レコードを買うにも順序がある」という事なんですわ。

この盤、説明不要なくらいに王道Discoモノなんだけど、黒人によるDiscoなだけあって、
チャラくてチープな白人系の「モロDisco」モノと一緒にするのは気の毒なくらいに、
BoogieでSoulなマナーを持ち合わせている。

それもそのはず、G.Qの前身はThe Rhythm Makersというグループで、
'75年のVigorレーベルからリリースされたLPは、Rare Grooveのトップ人気盤として知られ、
そこからCutされた'76年の"Can You Feel It/Zone"の12"は日本国内では「万超え」盤として有名だよね。
で、そのLPには、この"Disco Nights"の「原型」にあたる、
"Soul On Your Side"が収録されている事も今やかなり有名。
https://www.youtube.com/watch?v=HfPDpEvSdoI (Soul On Your Side)
https://www.youtube.com/watch?v=4CESyf33DIQ (Zone)

もしもアナタがレコードを買い始めて5年かそこらで、この"Disco Nights"も知らないのに、
Rhythm MakersのLPや12"を持っているとしたら、
それは確実に、アナタのレコードの買い方が「正しく無い」事を証明しているようなもんだ。
「自分のレコードの買い方を、とやかく言われる筋合いなんてねぇ〜よ!」
と言いたい気持ちは良くわかるし、もっともらしいようにも思う。
だが、「正しくない」順序でレコードを買ってゆく人の9割以上は、オレ様の今までの経験上、
いろんな事情はあるにせよ、確実に何年か後にレコードを買わなくなり、
今までに買い集めたコレクションを二束三文で手放して、
「Diggin'」という一生楽しめるハズのゲームから降りてしまうのだよ。

ここで言うところの、「正しくない」というのは、
自分の身の丈やレベルに合っていない盤を、「カッコ良いしレアだから」という理由だけで、
「待つ」という行為や、他のチョイスを「探る」という手順も踏まず、
つまり「苦労」せずに、「金だけで物欲を満たしてしまう」事を指す。

黄金期のHip Hopブーム、それに続くR&Bブーム、'90年代終盤のPromoブーム、
毎度毎度、「正しくない」買い方をする人達が、単なるブームに惑わされて泣きを見てきたワケで、
昨今の珍盤ブーム、Rare Grooveブームでも、結局また同じ事が繰り返されているように思うんだよね。

正直なところ、そ〜ゆ〜人達が大勢泣きを見たところで、「自業自得だぜ」くらいにしか思っていなかったけど、
今となっては'90年代とは環境が違う。
そう、自業自得で泣きを見る人達に危機感を抱くよりも、
そ〜ゆ〜人達に翻弄されてしまう貴重なレコードそのものが、傷んでしまったり、
「変なルート」に売却されて二度と捕獲できなくなってしまう事を危惧してるんだよ。

'75年のLPと言えば既に35年以上が経過しているので、
「正しくない」扱いをされれば加速度的に盤の傷みが進行する。
お金に困っても、それ相応の中古盤屋に盤を売却してくれればいいんだが、
本や雑誌と一緒に「本屋系」に売ったり、
服と一緒に「リサイクル系」に売ったり、
DJ機材と一緒に「質屋系」に売ったりすれば、恐らく二度と中古盤市場に盤は戻ってこない。

わかってもらえるかしら?
レア盤を買うっていう事は、アナタがその盤を持つに相応しいか、キチンと管理できるか、
ちゃんと処分できるか、そ〜した全ての責任を負うって事なんだと思うワケ。
どォ〜?めんどクサイでしょ(爆)?

でもそれこそ「正しい」買い方なんだと思う。
高い金払って買うのに、いろいろとめんどクサいから、よ〜く考えてから、
何年も待ってから、ず〜っと狙ってから買うのがレア盤なワケだよ。
だからオレ様は、そんなクラスのレア盤をサクサク買ったりしないんだ(笑)。
それよりも遥かに手軽で、割安で、めんどクサくない、フツ〜の盤をコツコツ買って、存分に使いながら、
自分の納得いく値段で狙った盤が買える日まで何年でも待ち続ける。

'09年だったか、10年以上狙い続けて、遂にオレ様もRhythm MakersのLPを買ったよ。
ほぼピンピンの白ラベルPromoを$10。
オレ様はそれを死ぬまでゼッタイに手放さないし、キッチリ使うけど大事にするし、
自分が死ぬ時にはキチンと相応のレコ屋さんに売るよう遺言するつもり。
皆さんの「レベル」を過小評価するつもりは全く無いけど、
Rhythm MakersのLPを持つに値するよ〜な人というのは、そんなに多くは無いハズだ。
まずはキッチリこの盤を買って、ちゃんと使ってみるのが「順序」じゃないかな?
この盤だって、大Discoブームの今となっては、こんな値段じゃまず買えないくらいのブツなんだからさ・・・。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/350020

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=y4quJtamr0k (Disco Nights)