ホームNew ArrivalParis - Sleeping With The Enemy LP
商品詳細

Paris - Sleeping With The Enemy LP

販売価格: 1,404円 (税込)
数量:
US White Label Promo!, 若干の表面スレ在るが十分キレイな部類

お待ちど〜さま!の再入荷。

そもそもTommy Boyに所属し、反体制派で政治色の強いメッセージをRapしてきたParis。
この攻撃的過ぎる内容の2nd Albumのリリースに圧力を掛けられた彼は、
Tommy Boyを去って自らScarfaceというレーベルを立ち上げ、そこからこの問題作をリリースした。
インナーには当時のブッシュ大統領と、木の陰から暗殺の機会を狙うParisの合成写真が使用され、
(コレは2003年に、このAlbumが2枚組のDeluxe Editionとして再発された際のジャケにも使用された)
A5には社会問題にまで発展した、そのものズバリ、"Bush Killa"が収録されている。

彼の過激っぷりがエスカレートする要因になったのは、間違い無くPublic Enmeyの影響が色濃く、
後に、そのP.Eは、ParisのレーベルGuerilla Funkから、当然ながらParisのProduceのもと、
'06年の復活作をリリースする事となる。

このAlbumがP.Eほど世間に受け入れられなったのは、マイナーレーベル産という理由以外に、
Parisのスタンスが、「社会派」というより「過激派」に近く、
「音楽」というカテゴリーから外れてしまうくらいに政治的だったからだろう。
Music Productionという面でも、全盛期のBomb Squad Produce作品群にかなうハズもないんだが、
それでも意外と健闘している印象で、攻撃的な印象が薄く、かつ大ネタ使いの
"The Days Of Old"や"Thinka 'Bout It"辺りは隠しダマ的にうってつけ。
話題性十分なイワク付きのAlbumなので、これくらいの値段で買えるなら是非とも持っておきたいブツだと思う。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/1696036

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=OdMiyht7B08 (Thinka 'Bout It)
https://www.youtube.com/watch?v=3sTrl5cEa6c (The Days Of Old PV)
https://www.youtube.com/watch?v=KXXS9bpgvqQ (Guerillas In The Mist)
https://www.youtube.com/watch?v=HRWX5imBVgY (Assata's Song)