ホームNew ArrivalVelore & Double-O - We Had Enough (Straight From The Street)/We're Gonna Get'Em (Rock The Beat) 12"
商品詳細

Velore & Double-O - We Had Enough (Straight From The Street)/We're Gonna Get'Em (Rock The Beat) 12"

販売価格: 1,728円 (税込)
US Original, Profileレーベルジャケ(白/シュリンク), 若干の表面スレ在るが十分キレイな部類

お待ちど〜さま!の再入荷。

仮にアナタが、Super Lover Cee & Casanova Rudが大好きで、
それも、"Romeo"や"Blow Up The Spot"ではなく、"Do The James"や"Super Casanova"こそが好きで、
"Girls I Got'em Locked"もお気に入りだとする。
https://www.youtube.com/watch?v=oW1zdamRx3w (Girl's I Got'em Locked PV) 

もしくは、Antoinetteが好きで、それも、"Unfinished Business"や"Hit 'Em With This"ではなく、
"I Got An Attitude"こそが大のお気に入りだとする。
https://www.youtube.com/watch?v=3JRZw-IhFbs (I Got An Attitude) 

同時期くらいで、同じようなタイプの曲を探しているなら、迷わずこの盤をカートに入れてくれたまえ。
えっ?何コレ?

「高速Funkyミドル」は、随分「端っこ」の方まで掘り進まれて、
どマイナーものを「Random Rap」などと呼んで、さも貴重品のように扱う人達が増えたが、
まだまだ見過ごされているのは、さほど「速く」もなく、 さほど「どマイナー」でもない、
そのくせ十分過ぎるほど「Funky」な'87年〜'88年モノだ。

'89年くらいからは「速いの」が急激に増えるが、
'87年〜'88年くらいの間は、メジャーものもマイナーものもさほど「速く」は無い。
モチロン、初期のBDKモノみたいな例外もあるが、
むしろ、若干「遅い」、いや、「重い」、いや、「DO〜PE!」なモノの方が多い気さえする。
Paul Cくらいの有名人が制作陣に絡んでいれば、当然ながら注目されるものの、
この盤のように、Charley CasanovaやRoey Shamirといった、
よっぽどの「好き者」じゃなきゃ知らないよ〜な制作陣では、
見過ごされてしまいがちなのもしょ〜がないのかもしれない。

ただし、聴いてもらいさえすれば、必ずやコレが激ヤバな事は納得してもらえるハズで、
逆に、コレを聴いてもピンとこないと言うのなら、アナタのお耳はまだまだ感度が悪い事になる(爆)。
ちなみに、
このA面曲は、数年前に、日本で一番有名、かつ、崇拝されるDJがMix CDに使用した。
で、そのA面もさることながら、B面の引き摺るように「重い」、そのうえ粘っこさに満ちたネタ使いは絶品!
「DOPE」という言葉がコレほどピッタリくる盤も珍しいと思うよ、マジで。

遂に2曲とも、しかも複数Versの音源がYouTube上にアップされたから、
今後も争奪戦は激化すると予想。
急げっ!

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/458879

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=ds1sLubL3qI (We're Gonna Get'Em Radio Vers)
https://www.youtube.com/watch?v=WxFVm80ugh4 (We Had Enough 38 Short Vers)