ホームNew ArrivalThe 2 Live Crew - Me So Horny/Get The F**k Out Of My House 12"
商品詳細

The 2 Live Crew - Me So Horny/Get The F**k Out Of My House 12"

販売価格: 972円 (税込)
US White Label Promo!, Luke Skyywalkerレーベルジャケ, 僅かな表面スレ在るが非常にキレイな部類

超久々、4年以上ぶりの再入荷。

こんなモン扱ってるよ〜じゃ、Groovaholiksも大した事ね〜なぁ、とか思ってるでしょ(爆MAX)?
ははは、そ〜じゃね〜のよ、実は。

2 Live Crewの作品群は、確かに節操の無いお下劣極まりない内容ばかりではある。
だけど同時に、ヒジョ〜に「Real」だし、Hip Hop的な概念と手法にキチっと沿った音作りがなされている。
ラフだし幼稚だしチャラいんだが、
だからこそ「わざとらしいReal感」ではなく、かなり「生活臭に溢れたReal感」こそがあるワケよ。

だからオモロイ。
オレ様はJ Dillaモノをほぼ全く聴かないが(苦)、
2 Live Crewっ作品群は1年に1回くらいは(笑)、突然思い出したよ〜に聴いたりする。
だってオモロイから(爆)!

この"Me So Horny"では、Mass Proの"Firecracker"を使っているが、
当然ながらその"Firecracker"よりも、"Me So Horny"そのものの方こそ、一般的な認知度は高いし、
そもそも"Firecracker"ネタと言えば、"Me So Horny"を上回るインパクトを持ったトラックは他に無い。

しかも、この12"に収録されたNasty Versのどアタマ、
"What do we get for $10 ?"という、Hookerと客とのやりとりには、実はちゃんと「サンプルネタ」が存在する。
Stanley Kubrick監督作で、当時随分物議を呼んだ映画「Full Metal Jacket」のワンシーンだ。
https://www.youtube.com/watch?v=cMsraH5KJTo (1分半くらいのところからのやりとりをサンプリング) 
レコードだけじゃなく、映画のワンシーンからも声ネタをサンプってチョップするというアイデアは、
まさしくHip Hop特有の「かっぱらい的思想」に沿っている。

いいね。
ホントにオモロイと思う。
これこそHip Hopだと言いたいくらいだよ(爆)。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/3391368

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=y2Khs5QUo4E (Me So Horny Nasty Vers)