ホームNew ArrivalAfu-Ra‎ - Whirlwind Thru Cities/Trilogy Of Terror 12"
商品詳細

Afu-Ra‎ - Whirlwind Thru Cities/Trilogy Of Terror 12"

販売価格: 648円 (税込)
数量:
US Original, ジャケ在り(端スレや折れジワ等やや使用感強め), Atlanticレーベルインナー(テープ補強),
A4にやや目立つ表面スレ在るがごく普通の中古盤レベル

かなり久々、2年以上ぶりの再入荷。

既に2回も再発されているほどのClassic!
個人的にも大好きだったなぁ、コレ。

リリースを重ねる毎に、なんとなく、ジワジワと、評価が低下していっちゃったAfu-Raだが、
それは決してAfu-Ra自身に責があったワケじゃない。
要は、「Hip Hopの死」が、一般的に認識されるようになるタイミングと、
ほぼドンピシャに一致しまっただけなのよね〜。
彼がインスパイアされたのはJeru The Damajaだというのは周知の事実だと思うが、
そのJeruでさえ'96年の2nd Album以降はマイナー落ちしている。

この、Afu-RaにとってのデビューSingleは'98年産だが、当時のメジャー産のHip Hopの質の低下は明らかで、
既にHip Hopシーンは確実に「死」に向かっていたワケだけど、
それでも、Afu-Raのリリース群は、DJ Premierによるトラックメイキングという、強力な後ろ盾を得て、
2000年代の初頭くらいまでの作品は、今なお根強い人気をキープしている。
以降もCurt CazalによるProduceだとか、BDKやらTeena Marie(R.I.P)による客演だとか、
決して無視できないモノが多い。

彼のデビューがもう3、4年早ければ、
彼だって「黄金期」Hip Hopシーンを代表する存在として認識されていたに違いない。
日本国内の相場を考慮したうえで、こんなプライシングをしたけれど、
内容の方はGang Starr作品群にだってヒケを取らないし、
US本国では、コレもとっくにGang Starr関連作のClassicとして認知されている。
コレを持ってないのに、他のDJ Premier関連作は、なんでも欲しがるなんていうのは許されんと思うナ。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/268201

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=PnKMwc4-CWA (Whirlwind Thru Cities PV)