ホームNew ArrivalMalcolm McLaren - Duck Rock LP
商品詳細

Malcolm McLaren - Duck Rock LP

販売価格: 1,620円 (税込)
US Original, ジャケ在り+ステッカー(やや強めのリングウェア在り), センターラベルアジャストテープ在り,
表面スレやや多めながらごく普通の中古盤レベル

超久々、6年以上ぶりの再入荷!

Malcolm McLarenは、もともとUKのファッションデザイナーであり、あのSex Pistolsの産みの親として知られている。
彼はステレオタイプなHip Hop馬鹿ではないし、むしろHip Hop的要素はゼロだ。
「傍観者」としてHip Hopを「カルチャー」として捉え、それを世界に広める「伝道師」的役割を担ったと言える。
「傍観者」ではあったが、自分でも自分なりに、Hip Hopカルチャーを取り入れて、
実験的なAlbumを作ってみたというのが、このオバケHit作だ。

このAlbumが出る前から、DJingも、Rapも、Breakin'も、Grafも既に存在していたが、
それらに没頭していた「内部者」には、決して大きなピクチャーが見えていたわけではない。
それらを総称して、Hip Hopというカルチャームーヴメントに仕立て、広く世界に紹介する役割を担ったのが、
「外部者」であり「傍観者」であったMalcolm McLarenだったワケだ。

つまり、彼はHip Hopの産みの親だったワケではない。
このAlbumは、彼がひとりのHip Hop Artistとしてリリースした作品なんかじゃ無く、
Trevor Hornの力を借り、あくまで「伝道師」として、
彼なりの解釈も交えてHip Hopというカルチャーを紹介した作品に過ぎない。
'82年の映画"Wild Style"が多分にドキュメンタリー的だったのと同じで、
このAlbumも、Malcolm McLarenが彼なりの解釈と脚色を加えて、
NYで起こっていたHip Hopというカルチャーを伝えた、いわば、ドキュメンタリー的な側面が強いと言える。

だからこそ、ドキュメンタリーチックにWorld's Famous Supreme Teamが大々的にFeatされ、
彼なりの解釈と脚色が加えられているからこそ、
「なんじゃこりゃ?」的な、Hip Hopとは完全に無縁の音楽までゴチャマゼに収録されているのだ。

このAlbumにHip Hopを感じないという人は、
Hip Hopとは完全に無縁の音楽までがゴチャマゼに収録されている事が邪魔をして、
このAlbumの持つドキュメンタリー的な重要性を理解していないんじゃないかと思う。
このAlbumがHip Hop全盛の'93年モノなんだったら聴くに値しないが、
まだまだHip Hopが市民権を得ていない'83年モノだからこそスゴイのだ。
実験的であってアタリマエだし、「なんじゃこりゃ?」的間違いだらけだとしても、
「Mad Respect」されるべきブツだと断言できる。

2010年に彼が他界した時、あのDJ Premierは自身のブログで、すぐさまTribute Mixを公開した。
http://www.djpremierblog.com/2010/04/10/r-i-p-malcolm-mclaren-tribute-mix
今以上に更なる再評価を期待したい。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/131420

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=ckjhFWWlyoY (Buffalo Gals)
https://www.youtube.com/watch?v=HqHVURdRBpY (World's Famous Extended Vers)