ホームNew ArrivalJeff Lorber feat:Karyn White - Facts Of Love (Fact #1 6:44) 12"
商品詳細

Jeff Lorber feat:Karyn White - Facts Of Love (Fact #1 6:44) 12"

販売価格: 1,404円 (税込)
US Promo, PD-13620, 正規盤未収録Vers!, Same Flip, A面に薄っすらStorage痕在り,
若干の表面スレ在るがそこそこキレイな部類

上級者向け別Mixも併せて再入荷!
当然ながら1点のみ。
急げっ!

現在のような情報が氾濫する時代からは想像ができないほど、
'86年当時は、レコードに関しても、Soul/Funk/R&B/Hip Hopといった、
いわゆる「Black Music」全般に関しても、極端に情報量自体が不足していた。
それでも、当然Larry Levanは知っていたし、その存在は当時でさえとっくに神様扱いされていた。

だが実は、当時から、個人的には、Larry Levanに関して、さほどキョ〜レツなイメージは持ち合わせていなかった。
例えば、"Skyyzoo"や"It's Just Begun"、"It Should Have Been You"辺りは大好きだったんだが、
一方で"Walking Into Sunshine"や"Tearin' It Up"辺りは好きになれず、
個人的には、Larry Levanったら、神様にしては良し悪しのムラが激しいなぁなんて思っていた(爆)。

で、自分の中で、自分なりに、ほぼ完全に、盲目的なLarry Levan「信仰」を断ち切るキッカケとなったのが、
実は、何を隠そうこの盤との出会いだったんである。

この曲のLarry Levan Mixは十分に素晴らしい。
https://www.youtube.com/watch?v=1JIyyTg_CMs
ムラが激しい印象のLarry Leven Mixとしては、個人的にも好きな部類に入る。
だけど、よくよく考えてみたら、この曲のLarry Levan Mixが個人的に好きな理由は、
それが、かなりOriginal Mixに忠実なMixで、凝ったところがほとんどないからだという事に気付いた。
しかも、この盤に収録された、Fact #1 Mixは、Larry Levan Mixよりも遥かにハデでインパクトもキョ〜レツだ。

つまり、ゼッタイ的ヒーローでMixの神様と教え込まれてきたLarry Levanは、
この盤と、このMixのおかげで、自分的にはゼッタイ的存在でも、神様でもなくなってしまったワケだ。
それが影響して、自分は未だに、Larry Levan関連作品に関して、人一倍「辛口」である事を自認している。
いいMix群は、それはもう、ホントに神の領域に達するほど崇高なのだが、
一方で、ダメMixは目も当てられぬほどヒドイ。
やはり彼は伝説の「現場Mix型DJ」であって、
世間一般で絶大な支持を得ているほど、Mix/Remixワークの全てが安定して高水準なんではないと思う。

さぁ、話をこの盤に戻そう。
コレ、ホントに良い出来だと思うし、Promo止まりで滅多に見かけないし、
そのワリには、自分の周り以外では話題になった事さえないくらいの隠しダマだが、
唯一の難点を挙げるとすれば、上モノを強調しすぎた為か若干ボトムが弱っちい。
もしもこの曲のBest Re-Edit Mixを作るのならば、
アタマはコレ、次いで打ち込み+Bassをドカンと入れる為に正規盤のPassion Mixを使い、
一回落としてLarry Levan Mixで上げ直し、再度コレと合わせてゆくって感じがカッコ良さそう。

いずれにしても、このFact #1 Mixのインパクトは、未だに「神様」をも上回っていると信じてやまない。
まぁ、アタリマエかもしれないけど、YouTube上に音源は無かった。
でも、アナタが歌モノ上級者ならば、この盤は確実にアナタの心を鷲掴みにすると保証するよ。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/604621

【音はYouTubeでチェック】
N/A