ホームNew ArrivalStock Aitken Waterman - Roadblock 12"
商品詳細

Stock Aitken Waterman - Roadblock 12"

販売価格: 880円 (税込)
US Original, 若干の表面スレ在るが十分キレイな部類

SOLDにつき30回目くらいのRefill。
再入荷分もコレにてラストワン!

意外かもしれないけれど、コレも個人的には、自分のレコライフの中で、
確実にトップグループに入るくらいの影響を受けた1枚。
カチンカチンに硬質でElectricな音が主流だった'87年に、このブッ太いGroove感は驚きだったし、
しかも、それが、自分にとっては「永遠のカタキ」である、ユーロビートのProducerによるものだったから、
一層インパクト大だった。

このMike Stock、Matt Aitken、Pete Watermanという3人は、'80年代後期に日本でも猛威を振るった、
ユーロビートものの特大Hit作を連発した事であまりにも有名だけど、
この曲自体は日本国内ではさほど認知されていない。
そのギャップが、更に、この盤の隠しダマ的価値を高めているといって良いだろうネ。

Cut-Up的手法で様々な声ネタを切り刻んで話題になった、'87年のM|A|R|R|Sの"Punmp Up The Volume"でも、
連発するHip Hop Classicsネタに交じって、この曲の冒頭のShout部分を、
コスリとトランスフォームに使用したVersが存在する。
もともとがUK産で、十数種類の盤が存在し、Mixも多様だけど、
結局4Vers収録のUS盤が一番お得で使い買っても良く、一般的なんじゃないかと思う。
UK盤のRare Groove Versionという、いかにもカッコ良さそうなMixは、US盤では単なるDubとしてB面扱い(爆)。
ゴチャゴチャいじってない8:00のExtended Versが一番オススメかな。

さて、じゃあ、その冒頭で迫力ありまくりのShoutを聴かせてくれてるのは、一体誰なのか?
実は、この、ヒジョ〜に有名な冒頭部分のShoutは、後発Mix群では全てCutされている。
そこから考えれば、権利関係でモメたからこそ、Shout部分がCutされたと推測できる。

Shout部分の権利だけでモメちゃうほどの大物Vocalistって、皆さんなら誰を一番に思い浮かべる?
うん、そう、オレ様もそう思う(爆)。
このアタマのShoutは、ど〜考えてもJocelyn Brownだわナ!

クレジットに彼女の名は無いし、Webで調べてみても該当する記述は未だに無い。
これほどまでに有名なShoutなのに、PVからもやっぱり削除されている。
よ〜するに、モメたから、「意図的」に「隠している」としか思えない。

ならば、やっぱり有名人で、大物で、だからこそ、やっぱりJocelyn Brownなんだろうと思うワケ(笑)。
コレがもしも、ホントにJocelyn Brownだったという事が明らかにされたら、一気に品薄化&高額化する事必至!
是非是非お早めに!

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/660902

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=H3OYWkrvGI4 (8:00 Extended Vers)
https://www.youtube.com/watch?v=PZbAEHswIfw (PV)
https://www.youtube.com/watch?v=T_3Heso50Cg (UK Groove Vers)