ホームNew ArrivalV.A/O.S.T - Breakin' LP
商品詳細

V.A/O.S.T - Breakin' LP

販売価格: 972円 (税込)
数量:
US Original, ジャケ在り(シュリンク+ステッカー), 僅かな表面スレ在るが非常にキレイな部類

お待ちど〜さま!の再入荷。

商業的過ぎるだの、セルアウトし過ぎだの、単なるHollywood的ヤラセ満載のチャラい映画だの、
コケにされまくったこの映画は、2000年くらいを境に再評価されるようになってきた。

'90年代前半の、地球規模でのHip Hopブームの時は、
こんなのHip HopでもBreakin'でも無いって事を、既に世界中の人達が知っていたが、
それは"Wild Style"や"Beat Street"を知り、"Juice"や"Boyz N The Hood"を見て、
ようやく予備知識的に、リアルな「現場」にキャッチアップできた世論が、
この映画について「後講釈」的に批判的なコメントをしていただけに過ぎない。
'84年当時は、この映画くらい「しか」、Hip HopやBreakin'「っぽい」モノに触れるチャンスは無かったワケで、
批判的なコメントをするほど、Hip HopやBreakin'に対する、「正しい」知識や理解を、
持っていた人間などほとんど居なかったハズだ。

2000年以降くらいになると、Internetの爆発的拡大によって、
Hip HopやBreakin'の誕生と実情に関する更にDeepな情報、
NYだけではなくLAにおけるHip Hop黎明期の姿にまで、簡単にアクセスする事が可能になった。
そうやって、よ〜やくHip Hopの全体像が、「正確に」把握できるようになった為に、
今では、この映画が、Hip Hopカルチャーを、「正確に」ではないにしろ、
世界規模に広める為の重要な役割を担った、いわば「必要悪」だった事が、広く認識されるようになったワケだ。

つまり、この「必要悪」さえ、Hip Hopの歴史上では重要なプロセスだったと言え、
この映画の「やっちゃった感」も、Hip Hop史的には重要なアーカイヴスなのだという認識が、
今や常識になりつつある。
当然ながら、このサントラに対する評価も改善しつつあり、節操の無い選曲と言われた収録内容も、
単なる「コンピ」として考えれば十分にオイシイし、
"There's No Stoppin' Us"や"Body Work"は、長ったらしい12"Versよりも、
むしろ、このAlbumに収録されたVersの方がタイトで良い。
驚くべき事に、2011年には、まさかまさかの再発盤までリリースされた。

マスト!

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/125777

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=msP0rSeLUcE (Ollie & Jerry "There's No Stopping Us")
https://www.youtube.com/watch?v=HQiL-iHsVu0 (Hot Streak "Body Work")
https://www.youtube.com/watch?v=ZhU_jZeSy9w (Chaka "Ain't Nobody")