ホームNew ArrivalGang Starr feat: K-Ci & Jojo - Royalty 12"
商品詳細

Gang Starr feat: K-Ci & Jojo - Royalty 12"

販売価格: 770円 (税込)
US, Promo Only, 若干の表面スレ在るがキレイな部類

お待ちど〜さま!の再入荷。

ちょっと「こじつけ」っぽい話かもしれないけど、
よく耳にする、「Hip Hop Golden Era」について、オレ様なりの考え方をご披露してみよう。

そもそも、「Hip Hop」が、「いつから」始まったのかという諸説については、
個人的にはど〜でもいい議論のような気がしている。
要は、自分や、日本や、世界が、どのタイミングでHip Hopを「意識・認識」し始めたか、
という点については当然ながら個人差があってアタリマエなワケで、
それが'83年の"Wild Style"だと言う人も居れば、'80年の"Zulu Nation Throw Down"だと言う人も居る。

だが、もっともっと、比べものにならぬくらいの大多数の人が、世界規模で「Hip Hop」という「音楽形態」に触れたのは、
やはり'86年の"Walk This Way"だろう。
https://www.youtube.com/watch?v=4B_UYYPb-Gk (Run-DMC "Walk This Way")
で、'87年リリースのEric B & Rakimの1st Albumで、
Hip Hopという「アートフォーム」は完全に、ひとつの音楽ジャンルとして認知されるに至る。

良く耳にする「Golden Era」は、「'80年後期から'90年前半」という、ヒジョ〜に曖昧な「定義」に基づいているが、
よりマニアックに、かつ、「Era」の期間を10年という区切りに仮定して定義するのであれば、
'83年の"Wild Style"から、'93年の、例えば"93 'Til Infinity"辺りまでの10年が「Golden Era」と呼ぶに相応しい。
'94年以降くらいのHip Hopは、肥大化し過ぎたが為の悪影響で、
商業的な「目的・手段」としての側面ばかりが大きくなって、
本来のHip Hop的な要素からドンドンかけ離れていっちゃうからだ。

特に'88年〜'93年の5年間こそが、Hip Hop的には最も「濃い」ワケで、
この5年こそを「Golden Era」と定義するのが最も一般的だが、
期間を5年で区切ってしまうと、Eric B & RakimもRun-DMCも「対象外」となってしまい、
仮にRun-DMCは「'80s Rap」、もしくは「Old School」というくくりで許せても、
Eric B & Rakimを「Golden Era」から外すのはありえない。

一方で、もうちょっと「大衆レベル」寄りに、かつ、10年スパンで考えるのであれば、
'86年の"Walk This Way"から10年、つまり、3年分後ズレした'96年くらいまでを、
「Golden Era」とする説も十分に的を得ている気がする。
'96年は、Fugeesの特大Hit Album "The Score"がリリースされ、
一方で、いわゆる「地下モノ」と呼ばれる、Underground Hip Hopも一気に脚光を浴びた。

実は、Gang StarrのAlbumリリースは'93年の"Hard To Earn"から、
'98年の"Moment Of Truth"まで5年もインターバルが開いてしまっている。
その間に、'95年にはGuruがJazzmatazz名義の2nd Albumをリリースしているが、
Gang Starr名義の'93年作が、文句無しに「Golden Era」を代表する名作のひとつとして認知されているのに、
その5年の間に急激にHip Hopが「死にはじめた」為に、'98年作は「Golden Era圏外」として認識される傾向が強い。

だから、'98年作の先行12"である'97年のこの"Royalty"も、不当なほどに過小評価され続けてきた。
Promo止まりだし、内容的には、むしろ、「最後のGolden Era」と呼んでも良いくらいの「Sure Shot」なのにだ。
「Primo師マジック」とも言うべき、その驚きのトラックメイキングセンスも、「健在」というより「完成型」と呼ぶに相応しく、
元ネタであるLatimoreの"Let's Do It In Slow Motion"を聴いても、
https://www.youtube.com/watch?v=Jo2e82jyTLs 
どアタマの、ほんの「一瞬」だけを「抜いて」、「延ばして」、ここまで変わっちゃうのか!、と 、感動すら覚える事必至!

2015年の円安時に、海外勢ディーラーが大挙して日本を訪れた際に、
この盤はゴッソリ刈り取られて海外へ持ち出されたと聞く。
こんなプライスで入手できるのもそろそろ最後だと思うナ。

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/250777

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=FnOw4J1pFN8 (PV)