ホームNew ArrivalRick James (+ Mary Jane Girls) - U Bring The Freak Out/Boys/Doin' It/Ebony Eyes EP
商品詳細

Rick James (+ Mary Jane Girls) - U Bring The Freak Out/Boys/Doin' It/Ebony Eyes EP

販売価格: 1,320円 (税込)
JPN, Promo Only, LWG-1241, ジャケ在り, Pink Vinyl!, 若干の表面スレ在るがキレイな部類

初登場。
おそらく今回が最初で最後のチャンスなのでお見逃しなく!

インターネットが一般的になり始めた'90年代の後半、
Rick Jamesの「変な」EPが存在するらしい、という話を初めて耳にした。
それが日本盤のPromoである事を知ったのは2000年代に入ってからで、
実際に現物を手にしたのは2005年頃だったが、
日本盤には一切興味の無いオレ様は当然、なんの迷いもなく購入を見送った。

日本盤がキライなのだから、「見本盤」はもっとキライだ(笑)。
One WayのLPが「帯付き」日本盤でピンピンで売っていてもゼッタイに買わんし(笑)、
白ラベルの「見本盤」であっても心は全然ときめかない(爆)。

だが、世界は広くて様々なタイプの「オタク」が生息している(笑)。
日本独自の仕様の「見本盤」は、
今や海外のマニアックなオタク達の間でも格好のコレクション対象物となっている。

中でも、このRick Jamesの「見本盤」は、日本的な「見本盤」よりも、
欧米的な「Promo」や「Limited Edition」としての仕様に近く、
だからこそ当Shopでも、一応ラインナップの選考時の「候補」には加えているというワケ。

言うまでもなく、Rick JamesもMary Jane GirlsもMotown所属のArtistであるが、
この盤を作ったのは「日本ビクター」であり、
https://www.discogs.com/label/162054-Victor-Musical-Industries-Inc 
LWGから始まるレコ番(マトリックス)は、日本ビクターの「見本盤」12/EPに使用されている。

幾つかの例を検証してみよう。
同じMotown所属Artistでは、LWG-1237のFinis Hendersonがそこそこ有名。
https://www.discogs.com/release/9071734 
'83年の特大Hit、Lionel Richieの"All Night Long"は、LWG-1239で「変な」カップリング仕様。
https://www.discogs.com/release/3139676 

と、この辺はモロに日本的「見本盤」なんだが、
LWG-1241のこのRick Jamesだけは、ジャケのアートワークも欧米盤っぽいし、
「見本盤」特有の「販促用宣伝ライナー」も無く、しかも盤自体はピンクのクリアWax!
だからこそ「Limited Edition」感の方が強い。

US盤Promoも"Boys"とのカップリングだが、https://www.discogs.com/release/1707932 
"Doin' It"と"Ebony Eyes"はいずれも12"化されておらず、収録曲としての「Limited Edition」感も満点!
是非っ!

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/7911861

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=44ZAzUkVXgE (Doin' It)
https://www.youtube.com/watch?v=6bZSzS8h0Dg (Ebony Eyes)