ホームNew ArrivalFatback - Is This The Future ? 12"
商品詳細

Fatback - Is This The Future ? 12"

販売価格: 1,980円(税込)
US White Label Promo!, Spring/Posseレーベルジャケ,
VG+くらいの見た目で表面磨きスレ多いが普通の中古盤レベル

★★★ご注文制限★★★
★★★1点買いお断り/この盤以外にご注文制限の付いていない1000円以上の盤のご注文が必要★★★

まさかの2週連続放出!
再入荷分もコレにてラストワン!

嘘でも作り話でも無い、ホントにあったお話。
Groovaholiksのサポーターの御1人、L田さんが「来日」した際、
六本木のSoul Barでこの曲のB面Dubを聴いて、「コレ欲しぃ〜っ!」(笑)。
同じSoul Barで今年(15年)のアタマに、東京のお客さん数人と呑み会をやった時にも、
皆さん一斉に「コレ欲しぃ〜っ!」(笑)。
それくらいに、大きな音で聴けば聴くほど、Dubだけではなくこの曲にハマる人は多いワケで、
しかも自分以外の人がPlayしていると、ど〜しても自分もPlayしてみたくなっちゃうのよネ(笑)。

だけど、正直、時既に遅し(泣)。
このUS盤12"は過去2、3年のうちにアッと言う間に、激しく品薄化してしまい、
今やUSサイドからも滅多に盤が入ってこない状況。
というわけで、公平性をキープする為にも、
どなたかお1人の「Wants」にお応えするのではなく、不本意ながらも「早い者勝ち」セオリーで、
通常更新とさせていただくのでご勘弁を・・。

'70年代のFatback Bandが、時代の流れを汲んで'80年代にFatbackへと進化していく過程で、
決定的な一打となったのが、この曲を収録した、'83年のAlbumである事に異論はあるまい。
このAlbumからCutされた4枚の12"群には、
それまでのFatbackの12"群にはありえなかった、
RemixやDubといった「LPとは別テイク」のVersが収録され、
Fatbackが「ナマBand」から「進化」しようと試みた痕跡がハッキリ認められる。

この曲には非US盤では幾つか後発Remixも存在するが、
あくまで、前述の4枚の12"群をUS盤で持っていてこそ、「進化」の痕跡に初めて感動できるんである。
4枚の12"のうち、比較的未だに入手がたやすい"The Girl Is Fine"が、
当Shopで常に秒殺即SOLD状態が続いているのも、決して物欲による「先物買い」的な行為ではなく、
誰もオススメしてくれない(笑)'80年代以降のFatbackが、実はバラス〜シだという事を、
皆さんが初めて、もしくは改めて、「実感」していただいているからこそなのだろう。

急げっ!

【仕様はDiscogsでチェック】
https://www.discogs.com/release/2815415

【音はYouTubeでチェック】
https://www.youtube.com/watch?v=WCG926aQJcc (LP Vers)